○マカオサウナ情報その5

<サナドスパ>

言わずと知れた東方スパの姉妹店だ。
分かりにくい場所にある上に、地下にあるため、フラフラ歩いていて偶然入ってしまうというサウナというわけでもない。

しかし、ここは根強いファンがいる店でもある。

かくいう俺もその一人だ。


システム的には姉妹店の東方スパとほぼ同じであるが、東方スパがモデルのような女の子を中心に揃えているのに対して、サナドはちょっとかわいい系の子を揃える傾向にある。
俺はどちらかというとかわいい系が好みなので、サナド>東方という認識だ。

一つ付け加えておくと、サナドの方が設備などはやや古い感じがするし、スパン部屋も狭い。
東方のスパン部屋はホテルの一室を利用しているため、「無駄に」広い。

どちらが良いか、どちらが好きかというのは個人の好みに任せるが、俺はサナドが好きだ。


ここもショータイムがあるので、やはりメインのソファー席は争奪戦となる事を覚悟して臨みたい。
馴染みの按摩嬢がいると、席が空くと知らせてくれたりもするが、仲良くなる為には先行投資として無駄に按摩を頼んで彼女達にも利益をもたらしてあげる必要がある事を忘れてはならない。

人生、何事もギブアンドテイクだ。
自分の事しか考えずに自分の考えを押し通そうとすると、必ずどこかで軋轢が生じ、スムーズに進まなくなる。
濡れてないマン○に無理矢理チン○を入れようとするのと同じだと例えると、少しは分かりやすいだろうか。

スパン道においては、全ての物事の中心に「楽しむ」という言葉が存在しなくてはならない。
スパンをするために資金が必要で、それを仕事をして稼ぐというのであれば、その仕事も最終的にスパンに繋がるとして楽しまなくてはならない。
過程がつまらないスパンは、単なる欲のはけ口でしかならない為に人生を楽しいものに変えてくれる力はないのだ。
過程をも楽しく過ごしたスパンは、心身ともに充実感に包まれ、人生がうまく行っているような気分を味わえる。
そういうスパンを、俺は求めている。


スパン道とは、楽しむ事。
スパン道の解釈は人それぞれ。
ビバ、ハッピースパンライフ。







2013年累計スパン結果: 7 (2013/1/16)