おれたこブログの更新を再開してから、PV(ページビュー)がすごいことになっている。
こんなブログ、なんで見に来るんだ?」と思っていたら、どうやら神様の仕業らしい。
神様のブログ「マイタン日記」で、このおれたこブログを取り上げたようだ。

まぁ、完全に趣味で書いているので、ページビューが増えようが減ろうが気にはしないが。

さて、今日も続けてマイタンファミリーを紹介しよう。
今日はマイタンファミリーの中でも異彩を放つ二人、「ピンク師匠」と「上環のホモ S田氏」だ。

ピンク師匠
ピンク師匠は、そのネーミングの由来から少し変わっている。
というのも、ピンク師匠が持つWEBの技術はかなり天才的で、何気なく相談した事もスラスラ答えてくれた上に、あっけなく作業を終わらせてしまう。
作業の早さとその技術力から「師匠」の名前がついたのだが、それだけでは気が済まないのが神様だ。
神様はピンク師匠の持つ、恐るべき変態パワーを誰よりも早く見破り、そこから「ピンク師匠」と名付けた。
ピンク師匠の「ピンク」は、変態パワーを象徴する言葉なのだ。
どれぐらいの変態パワーを秘めているかというと、レンタルビデオ店に勤めていた時代に数千本にも及びAV(アダルトビデオ)を見続け、「乳首を見ただけでどの女優か分かる」と豪語出来るほどだ。
ピンク師匠」という名前は、常人を超越した変態であり、尊敬の域にまで達した変態である彼だからこそ名乗れるのである。


上環のホモ S田氏
こちらもピンク師匠に負けないほどの異色キャラである。
ネーミングはその彼をそのまま体現しているのだが、本人曰く「ホモではない」らしい。
しかし、つい先日も、とある男性との会話の中で延々と男友達について語っていた。なんと軽く3時間
このブログを読んで頂いている男性の方は想像して欲しい。
男性同士の日常会話の中で、自分の男友達の話を3時間も続けられるだろうか。
男性同士の会話といえば、ずっぽし・食べ物・金のどれかが必ず組み合わされるだろう。
そんな経緯からも、周囲の彼を見る目は完全に「ホモ」である。
実は俺もS田氏との関係を神様に疑われた事がある。
しかし、神様とS田氏を交えて飲みに行った際に、途中でマカオに旅立った事で俺のホモ疑惑は晴れた。
S田氏は「なんでマカオに行っちゃうんでしょうねぇ」とホモっぽく語っていたとは、神様からの後日談である。


こうやってマイタンファミリーを改めて紹介していると、見事に不思議なメンバーが揃っているものだと感心させられる。
もちろん、これを書いている俺もそのマイタンファミリーの一員であり、その中でも一際ド変態な部類だと思われる。
神様がこうした変態達を引き寄せる力を持っているのか、それとも神様は「変態の神様」なのか。
全てのマイタンファミリー紹介後には、神様についても触れていきたいと思う。


ここで紹介した人物に興味をお持ち頂いた際には、是非ともマイタン大賞の投票を行って頂きたい。
マイタン大賞の投票で上位に上がってくることで、神様がマイタン日記に取り上げてくれる事だろう。
マイタン大賞投票ページ
 http://goo.gl/8T3s


次回はHSBC繋がりの二人、「HSBCのジョンで~す」と「HSBCお助け支店長」を紹介しよう。
これまで紹介してきたメンバーに比べるといささか大人しい印象を受けるかも知れないが、彼らもマイタンファミリーに欠かせないメンバーであることをお伝えしていきたいと思う。