カテゴリ:






5時間の高鉄の旅を終えて、深圳まで帰ってきた。







もうあと5日ぐらい武漢にいてもいい。










そんな気分である。









深圳のオシャレスポットで元カノ(湖北嬢)を待っているが、深圳だからと言って特別に女の子がかわいい訳でもなく、むしろ武漢の子たちの方が親しみを覚える。

おそらく、広東人よりも色が白く、鼻が高いからだろう。






んでもって、細い子が多い。













とか書いていると、昨日2回も突入してしまった置屋嬢の細さと、白い肌とピンク色のキレイな乳首のコントラストを思い出して勃起してしまう俺である。






置屋で、この値段で、こんな娘がこんなに激しくしてくれるのか!?










ただただ驚きであり、常平崩壊後に植え付けられた「スパンしたけりゃ金出しな」という頭の中の価値観は打ち砕かれた。







アレを味わうと、普通のサウナですらバカバカしく思えてしまい、ただスパンするだけならあそこで良いやと他の選択肢を放棄させられる勢いである。









という訳で、武漢再訪はマスト(必須)である。





勿体ぶるつもりも無いが、あの場所は決して安全とは言えないのでブログでは公開しない方が良いような気がする。

ブログを読んで突入した日本人が捕まってトラブルになっても自己責任ではあるが、ただブログを読んだだけで突入するには無防備過ぎる。
ある程度中国語が理解出来れば見つかる情報であるという点からも、中国に慣れている人は頑張って探し出して欲しい、そんなレベルの場所である。



その代わりに「まぁ、大丈夫だろう」というサウナにたどり着けるような記事は書く予定だ。








撮りまくった写真の整理もあるが、早くブログに書きたいと思う。