カテゴリ

カテゴリ:クズ

2021年もよろしくお願い致します。

カテゴリ:



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★





明けまんこ!!

おめでとうございます!!!








・・・と2021年も新年早々からベタベタで滑りまくりの挨拶からスタートしましたね。(勝手にやっただけ)

2020年を振り返れば、「武漢肺炎(コロナ)のバカヤロー!」の一言に尽きる。

海外に行こうにも隔離でどこにも行けない、戻っても隔離なので、おいそれと外に出れない。
そんなこんなで去年は年初に行っていたカンボジア旅行から帰ってきた以降、ずっと香港に閉じ込められております。



「で?カンボジア旅行記も満足に書き終えてないくせに、暇な香港で何をしてたんだ?」



って、疑問に思いますよね。当然のように。




やっていた事は、

・自宅で飲み会+シーシャ

・香港域内でのスパンパートナー発掘

のみ。




プライベートで忙しい事など特になく、暇を持て余した友人たちが毎日のように我が家を訪れ、我が家で酒を飲んでシーシャを吸って騒ぐという、それだけの日々をほぼ一年間過ごしてきたのです。





あ、もちろんスパンはしてます。




さて、ここからはいつものノリに。


お下品な表現だが、ノウハウもくそもないぐらいに爆釣だった。
次から次へと候補を発掘し、スパンローテーションを1軍から3軍まで組めるほどに人材を揃えたものの、もうそれしかすることが無いからやっているという目的意識の低さからスパン意欲は低下し、ここ最近では新規開拓もちょっと変なベクトルが加算された楽しみへと変化してきた。


ツイッターには書いたことがあるかどうか定かではないが、「タイから出稼ぎに来てた女子の面倒見てたらスパン出来た」とか「バラを6本買ったらスパン出来た」とか「『あなたとスパンしたいからもう一人女の子連れてくるね』な3P」とか、「『何もしなくていいから、ポンチだけ貸して』と真面目な顔して言う女子」とか、ぶっちゃけこの1年は大したネタがなかったので、ブログネタにする意欲が湧かなかった。

やはり「面白かったので皆にも聞いて欲しい!!」と思える話じゃないと、ネタにならないと痛感したが、俺はネタの為にわざと物事を大げさにしたり、人に迷惑をかけたりするのが大嫌いなので、自分が真面目に生きようとしている中で偶発的に発生する面白ネタでないと困るのだ。



というのが、ブログを更新していない理由だ(という事にしておく)。








ともあれ、今後も更新するかどうか分からないブログではあるが、ふとした思い付きで更新したりするかも知れないので、1人でも読んで面白がってくれたら本望だ。


皆さん、長年付き合ってくださって、本当にありがとうございます。




 

本気で引退を考える

カテゴリ:



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★








本日、新元号「令和」が発表された。
日本人にとっては新たな時代の到来を感じさせると共に、どこか懐かしいような気持ちすら覚えるフレーズで、個人的には好きだ。



ダウンロード




そして、実際に元号が変わる日、そう、新時代の到来があと1ヶ月に迫っている。
現実世界ではカレンダー上の表記が変わるとか、令和生まれの新生児の誕生とかそういう程度の話題が続く程度で、俺のような底辺世界に生きるクズには全くもって無縁な話ではあるが、この新時代の到来に合わせて引退を考えてもいいのでは?と考えている。


そもそも俺にとっての「引退」とは何かを定義しておく必要がある。


通常であれば、身を賭して何か物事を成すことに注力してきた事をやめるという意味となるのだが、俺の場合はスパンを辞めるという事になるのだろうか。

しかしスパンを辞めるというのは人間として本能に逆らう事にあるだけでなく、男という生物としての意義を失う事になるので、そんなことが出来るはずもない。




であれば、そう、ブログを閉じるという事になる。




俺がこれまでブログを更新してきたのは、別に俺の変態な性生活を誰かに知ってもらいたいとか、ブログを通じて興味を持ってくれる女子と知り合ってスパンしたいとか、そういう事では無かった。
ただ単に俺は自分の生活の一部であるスパンという行為を文章として記録し、俺が実体験を通じて得た知見を店舗の情報などと共に伝えることで、海外で夜遊びする人の助けになると期待したからである。

ただ、スパンヤオと出会ってからは、多少その目的が変わってきたのは事実である。
スパンヤオという読者に出会い、俺は俺の下らないブログを楽しみながら読んでくれている読者がいる事を知り、そしてその読者の存在を意識して文章を書くようになっていった。



こんな風に書くとスパンヤオが喜んでくれるんじゃないか?

スパンヤオはこんな事を知りたがってるんじゃないか?



そんな風に読者の気持ちを想像しながら文章を書き綴る日々は楽しかった。




SlbnR





そして、ここ最近ではスパンヤオがどんなことを期待しているのか、俺がスパンヤオを喜ばせる事が出来ているのかどうか、という点に疑問を抱くようになっていた。
日常では当たり前のようにスパンをしているが、それをネタに文章を書く気が起きなくなってきていたのは事実であり、その気持ちがどんどんと萎んでいっているのは正直なところだ。


モチベーションの低下、すなわち良い文章を書き残すことが出来ないという結果に繋がり、これまで読んできてくれた読者をかえって落胆させてしまうのだろう。




ea3d2c18








そう、引退だ。






ブログを止めよう。






これからもスパンはするが、それを誰かと共有する必要はなくなる。
何か物足りない気持ちが芽生えるかも知れないが、本来はそうやってみんなこっそりスパンを楽しんできているはずである。

こんな気持ちを文章につづりながら、俺の気持ちが固まった。






スパンスパン王子から、皆様に心から感謝の意を表したいと思います。

読者の皆さん、長い間ご愛読頂きましてありがとうございました。











2019年4月1日(月):エイプリルフール



このページのトップヘ

見出し画像
×