カテゴリ

カテゴリ:ビジネス

カンボジアで天使に出会った話 第13話 ~銀行口座を開けたくて~

カテゴリ:



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★






K島氏に連絡を取ると、彼とシロクマさんはカンボジアの銀行で口座開設をしていた。
俺も銀行口座が出来るなら作っておこうかなという軽い気持ちはあったが、具体的には何も考えていなかったので渡りに船とばかりにK島氏とシロクマさんの銀行口座開設ツアーに便乗することにした。

ここまで全く現地情報については書いてこなかったが、カンボジアは王国である。
かつてはクメール王朝があり、12世紀に建設されたといわれているアンコールワットは王朝時代の名残である。
しかし、中世の大航海時代には隣国のベトナムなどと同様に西洋人に利用され、19世紀にはフランス帝国の保護国となり、いわゆる暗黒時代を過ごしてきたが、第二次世界大戦末期に日本軍によるフランス領インドシナ解放がもたらされた後に独立を果たすなど、諸外国による影響を受け続けてきた歴史がある。
その後もベトナム戦争の影響を受けての内戦の勃発や、ポル・ポト率いるクメール・ルージュが目指す原始共産制の実現をお題目に大量虐殺が行われて100万人から200万人とも言われる多くの命が奪われた。
1993年に国連監視下による民主選挙が実施され、新たに制定された憲法によって現在の立憲君主制となり、ノロドム・シハヌークが国王に即位した。

公用語はクメール語で、クメール文字は全く読める気がしない。
通貨はリエル(KHR)が発効されているものの、都市部では米ドルでの決済も当たり前に行われており、どちらも使えるという印象だ。
ローカルな店舗での決済で米ドルを出すと、おつりは大体リエルで戻ってきてしまうので、まずはリエルを使ってみる事をお勧めする。



さて、銀行に話を戻そう。
カンボジア最大手の銀行と言えば、アクレダ銀行だ。
しかし、カンボジアの最大手銀行であっても、世界銀行ランキング500にはランキングしていないので、日本の地銀よりも評価は低い事になる。
数年前は金利が7%だったので、一時期は日本からの口座開設者も多くカンボジアを訪れて定期預金を組んで帰って来ていた。
日本人向けのジャパンデスクがあるプノンペン商業銀行なども有名だが、俺たちはとりあえず最大手のアクレダ銀行で口座開設を試すことにした。

訪れたのはホテルから一番近い支店で、外見は極めて地味なものの、黄色い看板が目を引いた。


2020-01-27 13.47.42



なんのアポもない状態での突撃だったので、とりあえずどこから入ればいいのか分からなかった。
というのも、ビルの入り口は駐車場のようになっており、看板は見えるものの、俺たちが想像していた「銀行の入り口」のようなものは見つからなかったからだ。


2020-01-27 13.37.51


とりあえず、入り口にいる守衛に「銀行に行きたいんだけど、ここで合ってる??」と聞いたところ、「そうだ!ここは銀行だ!」言われたので、何となく入り口っぽい階段を上がって建物の中に入った。




が、入るなり「何か御用でしょうか?」と行員らしき女性に咎められた。



口座開設したいんだけど・・・・



と告げると、「あぁ、それならここじゃないから、奥の部屋に向かって。」と建物の奥を指さした。
確かに、階段上の部屋は小さく、まるでレンタカー屋の受付のような感じだったので、銀行には見えなかったので、ある意味でホッとした。

言われるがままに奥の部屋に入っていくと、なんとも古めかしい雰囲気の対面カウンターと待合室のようなスペースがある。



2020-01-27 13.38.54





入り口付近にあったコンシェルジュデスクのようなブースで「口座開設したいのですが」と伝えたところ、「いいわよ。じゃあ、ここに座って。」ととりあえず座らされた。



2020-01-27 13.39.05




なんともあっけなく話が進むもんだと思っていたら、どうやら違うらしい。



じゃあ、労働許可証を出して。


えっと・・・、持ってないんですが、何とか口座開設出来ませんか?



え?出来るわけないじゃない。
早く出して。



・・・持ってないです。
友人から労働許可証が無くても口座開設が出来ると聞いてきたので、ここに来ましたが、どうしてもダメですか?



ダメよ。



とあっさりと撃沈した。


郵送でも口座開設出来るぐらいだから相当緩いのだろうと思っていたのだが、支店や行員によって対応が異なるのだろうか。
口座が無くても困らないのだが、またカンボジアに行った際には別の支店で聞いてみたいと思う。


そういえば、どうでもいいのだがカンボジアではアクレダと読まず、「エーシーリーダ」と呼ぶらしい。
守衛のおっちゃんと対応してくれたおばちゃんが自信満々にそう言ってたので、間違いではないだろう。



とりあえず、時間も時間なので飯を食ってから夜の街に繰り出すことにした。

2020-01-27 14.06.04

2020-01-27 14.06.02






 〇カンボジアで天使に出会った話
 

 

 

 

 

  

 

 

  
 
 
 


「五郎丸日記」無料プレゼント!?

カテゴリ:




★★…………………………………★★



一日一スパン



スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子


★★…………………………………★★
 












吾郎丸、もとい「五郎丸」といえば「カンチョーポーズ」で有名なラガーマンである。



img_38d313c8dec1163e915b4d0915b02a08289683
出典: Number WEB





とか書いてしまうと、とある方面から、










「ちょっと、いい加減にしなさいよっ!!」








と言われてしまうので、五郎丸選手についてちゃんと書いておこう。








ルーティン








という言葉が五郎丸選手の仕草から一般的に知られるようになって、集中力を高める為の習慣的な動作の意味が理解されるようになってきた。

イチロー選手はそれをずっとやっていたのだが、五郎丸選手のルーティンのポーズが特徴的過ぎた為に注目を浴びるようになったのだろう。







スパンスパン王子的ルーティンは、いわずもがな、











クンニクバスター










なのだが、俺もこれをしないとやはり思い通りのスパンスパンが出来ない。

その道を極める為には何かしら自分なりのリズムを作りだす必要があるのかも知れない。(※勝手に極めた人に仲間入りしておいた(・∀・))













が、今回はそんな俺のどうでもいいルーティンの話を書きたかったわけではない。




今話題の五郎丸選手の日記をベースに執筆された「五郎丸日記」という書籍が出版され、それが今月12月19日(土)に発売になるという。





2015年のラグビーワールドカップで世界中が驚いた番狂わせを引き起こしたチームの中心にいた五郎丸歩という選手が、その会期中にそれまでの4年間で吾郎丸選手が得たもの、犠牲にしてきたものを通じて「Japan Way」の全てを記したという日記が元になっている。
そしてそれを著した作家が、飲食業界のファンタジスタと呼ばれるダイアモンドダイニング社の松村厚久社長の人生を綴った「熱狂宣言」の著者「小松成美氏」だ。

詳細な事前調査の上で臨むインタビューから書き起こされるその文章は、インタビュー対象となる人物の心の動きまでをも描写し、読み手に語り掛けるように綴られる。














もちろん、amazonでも販売されるので、五郎丸選手のファンはこの書籍を読んで五郎丸選手になりきり、一緒にあのルーティンをやるのもいいだろう。





が、その書籍を奇特にも「応募者全員に無料プレゼント」するというサイトがある。


トレード・トレード(トレトレ)というWEBマガジンだ。


81838e35-s


■URL



応募の為の条件は、「たったの2つ」だ。

1.トレトレ会員(このサイトのメルマガ会員)に登録されている事。
 
2.応募の際にPowaTag(QRコードを使ったモバイル決済システム)を利用する事。




1.のトレトレ会員になるのは、会員登録ページで情報を入力すればいいだけである。何にも難しい事などない。

トレトレ会員登録




2.のPowaTagを使って応募というのも、一見難しそうだが、やってみるとなんてことはない。


せっかくなので解説しておこう。

1.まずはとにもかくにもダウンロードだ。

持っているスマホでそれぞれのアプリストアに移動し、「PowaTag」を検索する。


PowaTag – iOS




PowaTag-android



2.アプリを起動し、アカウント登録を進める。(※写真は英語だが、ちゃんと日本語表示有り)


インストールして、起動したところ
 
Screenshot_20151202-165201




とりあえず、Get Started(始めよう)から開始。

Emailアドレスと、PowaTagログイン用のパスワード(8文字以上)を設定する。


Screenshot_20151202-165211



とりあえず、それだけでアカウント登録は終わるが、ちゃんと使う為に他の情報も入力する。
 
+ Add address and Card Now から住所とカード情報の登録に進む。

Screenshot_20151202-165316



氏名を登録する。


Screenshot_20151202-165330



電場番号を入力する。

 
Screenshot_20151202-165345


配送先住所を設定する。
後で追加出来るので、とりあえず自宅などにしておくといいだろう。


Screenshot_20151202-165500



クレジットカード情報の登録。
クレジットカード情報を登録しておけば、今度からスムーズに買物が出来るようになる。


Screenshot_20151202-165626



登録が完了すると、PowaTagが利用可能な状態になる。
スマホのカメラを通じて画像が表示されるが、これでQRコードを読み込むのだ。


Screenshot_20151202-170146







3.登録が完了したら、そのままブラウザでトレード・トレードサイトを表示させ、「Touch」と書かれたアイコンをタッチする。

■五郎丸日記無料プレゼントページURL

Screenshot_20151202-175325





で、この「Touch」ボタンに優しくタッチ(いやん(・∀・))


Touch

 


 
 PowaTagアプリが起動し、応募用ページが表示されるので、本の配送に必要な名前や住所などの情報を送信する事に同意し、応募完了となる。



Screenshot_20151202-170222





んで、終了っと(・∀・)

Screenshot_20151202-170236




と、まぁ簡単なのだ。

アカウント登録の際に名前や住所、メールアドレスや電話番号などを全て登録するのだが、今回のプレゼントの応募の際にはそれら登録済み情報を送信する事に同意するだけでいい。

つまり、登録は一回ポッキリなのだ。







ちょっとスケベなお父さん達は「ポッキリ」という言葉が好きなはず(※関係ない)。







というわけで、無料プレゼントで「五郎丸日記」をゲットしてみよう。








ちなみに、PowaTagを使えばQRコードを読み取るだけで買い物が出来てしまう。

トレード・トレードでは、PowaTagでしか買えない専用のショッピングサイトを持っている。

トレトレPowaTagストア



色々なものが売られているが、焼肉屋が作ったチョレギサラダのドレッシング老舗和菓子屋の和菓子詰め合わせ更科堀井の更科そばセットなど、非常にマニアックな品揃えも魅力的である。











というわけで、今回の著者である小松成美さんとは親しくさせて頂いている関係で、書籍のお知らせをさせてもらった。






良いのか悪いのか分からんが、書籍はタダなので、ガンガン応募して下さい(・∀・)













2015年累計スパン結果: 346スパン(2015/12/2)   

このページのトップヘ

見出し画像
×