タグ

タグ:サービス

カテゴリ:





昨日、深圳の向へ行ってきた。


暗い路地に飛び込むと呼び込みのBBAが必死の形相で俺を連れ込もうとする。






「かわいい娘いっぱいいるから、早く!」






俺に断る理由は無い。
飛び込むと、嬢が7人。


無愛想にタバコをふかしてる嬢以外は選べるレベル。




奥にいた細身嬢を選び、支払いをする。





150元。






安定の価格。


しかし、サービスという言葉は存在しない。
嬢の見た目は悪くないが、いうなれば「穴を貸している」というレベルであり、サービスクオリティは下の下である。






とりあえず穴に突っ込みたい俺のようなゲス野郎向けだ。




しばらく鳴りを潜めていたのが復活しているので、行ってみると良いかも知れない。





ちなみに、時間は20時を過ぎていた。





カテゴリ:
どーもー、スパンスパン王子です。


沖縄のお風呂に行った結果、




か、感動しない(T_T)




お相手して下さった嬢は優しく気が利くのですが、それなりの年齢なんだろうと思わせるスタイルなどから、一回戦だけでいいやと思っちゃいました。


最近は放出したい衝動に駆られるものの、スパンそのものにテンションが上がらなくなって来てしまいました。


しかし、





やる時ゃヤリます。




おねーさんに攻められる前に攻めてみようと思い、いつものようにスタート。


俺からするとVSOP(ベリースペシャルワンパターン)な攻めにも関わらず、百戦錬磨のおねーさんが悶える。

クンニクバスターを繰り出すと声にならない声が出そうになるのを押し殺しながらも、俺の足をしっかりと握って全身で快感を受け止めている様子だ。
程よく温まったところで挿入体制になるが、愛撫を続ける。



「このままだとそのまま入れて欲しくなっちゃうから、先に付けてていい?」



と尋ねられたが、流石に俺も生で入れるつもりはないので、あっさりオッケーを出す。



正常位から騎乗位へと変化してからのスパンボルケーノを繰り出すと、嬢は気持ちいいと連呼しているので、気持ちが満足した俺も程なく発射して終了。




終わってからは、



「お仕事はこっち系なの?」




と聞かれるが、こっち系ってどっち系なのだろう?
俺も風俗関係の人間だと思われたかも知れないが、そんなことは無くただの変態である。


さらに「これでお金取れるよ!」



というありがたいお言葉を頂いたが、やはり遠慮するべきだろう。
また、



「久しぶりに潤いが戻った気がする!」




と喜んでもらえた。

春が過ぎた女性が再び美しさを取り戻すという事はいい事なのかも知れまいが、俺は肌の綺麗なかわいい若い女性が好きだからだ。



しかし、スッキリしてのんびりした時間を過ごせたのは、本当にありがたい。





さて、香港に帰ろう。





すぱーん。


このページのトップヘ

見出し画像
×