タグ

タグ:スパンヤオ

カンボジアで天使に出会った話 第14話 ~あれは天使か?~

カテゴリ:




★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★






銀行からの帰り道で軽く飯を食い、途中で見かけた寺院らしき場所を撮影した。




2020-01-27 18.18.47




カンボジアで何してたの?と聞かれた時のアリバイ作りの一環なので、特にこの寺院には興味がない。

寺院の前を通り過ぎて、K島氏が向かったのは、やっぱり例の店だった。
ハッピーK島氏、今夜も元気である。




2020-01-27-18.46-3





その後、かわいい子はいないか?とバーホッピングをし始める。
シロクマさんはお疲れなのか、ホテルに戻ってしまったので、俺とK島氏の二人で夜の街を徘徊した。



あれはもう行ったところだから、他のところはどうだろう?



じゃあ、こっちに行ってみる?



こないだあそこにかわいい子がいたよね?あ、今日はいないな・・・



などと他愛のない会話をしながら歩き続けていると、遠目にかわいらしい子が俺の目に留まった。



K島さん!!
あそこに行きましょう!!



半ば強引に、しかも俺の利益の為だけにその店にK島さんを誘導し、こじんまりしたバーに突入したところ、遠目に見えた感じ通り、かわいくて細くて若そうなクメール美女を発見した。







いた・・・

やっと見つけた。




ロリっぽい感じはあるが、年齢的には問題無かったので早速一緒に飲む事に。




それから5分もしないうちに、





じゃあ、一緒に帰ろうか。





俺の決断は早かった。
入店直後に注文したビールを飲み切らない間に、彼女に打診していた。

会計を済ませて店を出た後も、細身で小柄な彼女【A】は俺の隣でニコニコとほほ笑んでいる。
K島氏を一人残し、俺とAはホテルに戻るべく、トゥクトゥクに乗りこんだ。
ホテルまでの道のりは歩けるほどに近く、わずかに3分程だったのだが、その間も手を繋いで俺に寄り添ってくる。






・・・大当たりやないかい(゚∀゚)






こういう何気ない仕草で、その女性の人となりが伺えるというものだが、優しい物腰に俺の期待は高まるばかりだ。

部屋に入ると、Aはほんの少しだけヒールのあるサンダルを脱いで、静かにベッドに腰かけた。
夜とは言え、外はTシャツで歩けるほどに暑いのだから、涼しい場所で少し休みたかったのだろう。
コップに注いだ水を差しだすと、両手でコップを持ってゆっくりと飲み始める様子が何とも言えず愛おしい。
水を飲み干すと、無言で両手を突き出して俺にコップを返し、ニコッと微笑んでいる。





・・・天使かっ!( ゚Д゚)




まるでお人形さんのようにちょこんとかわいく腰を掛けているAを見ていると、俺はA抱きしめずにはいられなくなった。
ゆっくり優しく抱きしめ、そのままベッドへと押し倒し、そっと唇を奪った。








にゅるにゅるにゅるるん



!?!?!!?!( ゚Д゚)



が、唇奪ったのは俺のはずなのに、Aの舌が俺の口内へと侵入してきたのだった!!









 〇カンボジアで天使に出会った話
 

 

 

 

 

  

 

 

  
 
 
 





 

カンボジアで天使に出会った話 第13話 ~銀行口座を開けたくて~

カテゴリ:



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★






K島氏に連絡を取ると、彼とシロクマさんはカンボジアの銀行で口座開設をしていた。
俺も銀行口座が出来るなら作っておこうかなという軽い気持ちはあったが、具体的には何も考えていなかったので渡りに船とばかりにK島氏とシロクマさんの銀行口座開設ツアーに便乗することにした。

ここまで全く現地情報については書いてこなかったが、カンボジアは王国である。
かつてはクメール王朝があり、12世紀に建設されたといわれているアンコールワットは王朝時代の名残である。
しかし、中世の大航海時代には隣国のベトナムなどと同様に西洋人に利用され、19世紀にはフランス帝国の保護国となり、いわゆる暗黒時代を過ごしてきたが、第二次世界大戦末期に日本軍によるフランス領インドシナ解放がもたらされた後に独立を果たすなど、諸外国による影響を受け続けてきた歴史がある。
その後もベトナム戦争の影響を受けての内戦の勃発や、ポル・ポト率いるクメール・ルージュが目指す原始共産制の実現をお題目に大量虐殺が行われて100万人から200万人とも言われる多くの命が奪われた。
1993年に国連監視下による民主選挙が実施され、新たに制定された憲法によって現在の立憲君主制となり、ノロドム・シハヌークが国王に即位した。

公用語はクメール語で、クメール文字は全く読める気がしない。
通貨はリエル(KHR)が発効されているものの、都市部では米ドルでの決済も当たり前に行われており、どちらも使えるという印象だ。
ローカルな店舗での決済で米ドルを出すと、おつりは大体リエルで戻ってきてしまうので、まずはリエルを使ってみる事をお勧めする。



さて、銀行に話を戻そう。
カンボジア最大手の銀行と言えば、アクレダ銀行だ。
しかし、カンボジアの最大手銀行であっても、世界銀行ランキング500にはランキングしていないので、日本の地銀よりも評価は低い事になる。
数年前は金利が7%だったので、一時期は日本からの口座開設者も多くカンボジアを訪れて定期預金を組んで帰って来ていた。
日本人向けのジャパンデスクがあるプノンペン商業銀行なども有名だが、俺たちはとりあえず最大手のアクレダ銀行で口座開設を試すことにした。

訪れたのはホテルから一番近い支店で、外見は極めて地味なものの、黄色い看板が目を引いた。


2020-01-27 13.47.42



なんのアポもない状態での突撃だったので、とりあえずどこから入ればいいのか分からなかった。
というのも、ビルの入り口は駐車場のようになっており、看板は見えるものの、俺たちが想像していた「銀行の入り口」のようなものは見つからなかったからだ。


2020-01-27 13.37.51


とりあえず、入り口にいる守衛に「銀行に行きたいんだけど、ここで合ってる??」と聞いたところ、「そうだ!ここは銀行だ!」言われたので、何となく入り口っぽい階段を上がって建物の中に入った。




が、入るなり「何か御用でしょうか?」と行員らしき女性に咎められた。



口座開設したいんだけど・・・・



と告げると、「あぁ、それならここじゃないから、奥の部屋に向かって。」と建物の奥を指さした。
確かに、階段上の部屋は小さく、まるでレンタカー屋の受付のような感じだったので、銀行には見えなかったので、ある意味でホッとした。

言われるがままに奥の部屋に入っていくと、なんとも古めかしい雰囲気の対面カウンターと待合室のようなスペースがある。



2020-01-27 13.38.54





入り口付近にあったコンシェルジュデスクのようなブースで「口座開設したいのですが」と伝えたところ、「いいわよ。じゃあ、ここに座って。」ととりあえず座らされた。



2020-01-27 13.39.05




なんともあっけなく話が進むもんだと思っていたら、どうやら違うらしい。



じゃあ、労働許可証を出して。


えっと・・・、持ってないんですが、何とか口座開設出来ませんか?



え?出来るわけないじゃない。
早く出して。



・・・持ってないです。
友人から労働許可証が無くても口座開設が出来ると聞いてきたので、ここに来ましたが、どうしてもダメですか?



ダメよ。



とあっさりと撃沈した。


郵送でも口座開設出来るぐらいだから相当緩いのだろうと思っていたのだが、支店や行員によって対応が異なるのだろうか。
口座が無くても困らないのだが、またカンボジアに行った際には別の支店で聞いてみたいと思う。


そういえば、どうでもいいのだがカンボジアではアクレダと読まず、「エーシーリーダ」と呼ぶらしい。
守衛のおっちゃんと対応してくれたおばちゃんが自信満々にそう言ってたので、間違いではないだろう。



とりあえず、時間も時間なので飯を食ってから夜の街に繰り出すことにした。

2020-01-27 14.06.04

2020-01-27 14.06.02






 〇カンボジアで天使に出会った話
 

 

 

 

 

  

 

 

  
 
 
 


このページのトップヘ

見出し画像
×