タグ

タグ:スパン奥義

カンボジアで天使に出会った話 第16話 ~最後の夜~

カテゴリ:



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★








優しい感じでゆっくりと攻めていくつもりが、激しいDKというゴングによって一気に臨戦態勢となってしまい、そこからはお互いにどちらが優勢を保つかという紙一重のスパンバトルへと発展していった。

俺がキスからスルスルとオッパイ舐めに移行したかと思うと、いつの間にかAの手は俺のポンチをしっかりとホールドしながら絶妙な力加減でシコシコしており、さらに負けじとクンニクバスターを繰り出して絶頂を迎えさせるも、息もつかぬ間にスルスルと俺の股間へと潜り込んでがっつりと俺のポンチを吸い上げ始めるという展開だ。
これまでに多くの対戦相手を迎えてきたが、こうもスムーズに攻守が入れ替わる展開は数えるほどしか経験がない。





くっ・・・このまま終われるかぁぁぁ!!!( ゚Д゚)





滅多に口でイキそうにさせられる事のない俺が「ヤバい」と感じてしまったので、俺はAが一息ついた隙を狙って体勢を入れ替え、正常位からのアナコンダ・スクリューを発動し、そのまま静かにポンチを突き刺して奥義「奥の細道」を繰り出す。





濡れ穴やヌルリと届く壺の奥




いつもならここで対戦相手である女子が俺にしがみ付くようにしながら絶叫するのだが、Aはわずかに力を込めた程度で静かに声を押し殺すようにしていた。





な、なぜだっ!?( ゚Д゚)





それならば、これはどうだっ!!!スパン技の一つ「アジの開き」だっ!!!

※アジの開きとは
正常位において女性の足を開脚しながら屈曲させる姿勢で、男性は上体を起こした姿勢でピストンする技である。いわゆる屈曲位と似ているが、男性が上体を起こして女性との距離を取る事がポイントである。
アジの開きは、慣れないと挿入に痛みを感じることもあるので力任せにやってはいけない技なのだが、ほんの少しだけ動きを意識すると良いところに当たってくれる、非常に効果的な技である。
しかし、奥義とは呼べるレアな技ではないので、ただのスパン技扱いに留まる。






緩やかに声が漏れ始めたところで流れるように体勢を入れ替え、ロデオウェイブからのスパンボルケーノという奥義連発のキルモードを発動させて絶頂に導くと、俺もその気持ち良さに耐え切れず、ほどなくして果てた。


文字にすると非常にあっさりと、かついつも通りのワンパターンな対戦だったかのように感じるかも知れないが、お互いが相手を気持ちよくさせようと攻防を繰り広げるセックスは最高である。
ただ単にAの体型や雰囲気が俺のタイプに合致したというのも要素に含まれるだけじゃないのか?という指摘は正面から受け止めるが、それ以上に一戦を終えた後の満足感と充足感はこれまでの対戦の中でもごく一握りの相手からしか得られなかった感覚である。



A2




かわいく、静かで優しく、そしてエロく献身的なA。
このままあと1週間ほど逗留し、毎日をAと過ごしても良いと思ったぐらいだったが、残念ながら翌日は帰国しなければならない。
既に夜も遅かったのだが、シャワーを浴びてもう一戦してから、カンボジア最後の睡眠をとる事にした。

 





 〇カンボジアで天使に出会った話
 

 

 

 

 

  

 

 

  
 
 
 





 

 


カンボジアで天使に出会った話 第4話 ~ハッピーK島氏、登場~

カテゴリ:



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★









夕方になり、俺たちは再度集合した。

これから女の子を探しに街に出るのだが、プノンペンと言えば定番の場所がある。

ここだ。






とあるバーにポイントしてあるが、この店が特に良いということではなく、このあたり一帯のバー街を指す。
タイのゴーゴーのようにステージがあって女の子たちが踊るのと違い、バーの中に女の子達が待機しており、席について一緒に飲むスタイルだ。


が、その前にK島氏がどうしても行きたい場所があるというので、まずはそこに向かう事にした。
着いたところはピザ屋。
K島氏の話を聞くと、プノンペン来てから毎日必ずこの店に来ているらしい。




何がそんなに彼を惹きつけるのか。


しばらくすると、K島氏が頼んだピザが来た。
非常に小さいピザだが、なにやら小鉢のようなものが付いてきた。







ん・・・?抹茶?
ピザに抹茶をかけて食べるなんて、K島氏は変わった人だなぁ・・・








とか思っていたら、ピザのチーズの下にもこの「抹茶」は仕込まれているらしい。






まぁ、そういう事である。
これ以降、K島氏の事は「ハッピーK島」と呼ぶことにする。







そのピザを食べながら、俺たちはビールを飲みまくり、程よい感じに酔いが回り始めた。

まだ夕方6時頃にも関わらず、ほろ酔いの状態で街を歩き、女の子のいるお店へと突入する。
このエリアは飲み代が非常に安く、客のビールが1.5USD、女の子のドリンクが2~4USDである。
一軒で若くてかわいい女の子と一緒にそこそこ飲んで、乳を揉んでも、せいぜい20USD程度で済んでしまう。
所謂キャバクラという存在が非常に馬鹿馬鹿しくなる空間が、ここプノンペンにはある。



いやはや、完全に堕落した生活である。



が、それも休日の楽しみ方というもので、開き直って遊んだ方が楽しいに決まっている。
やれるときにやっておかないと、やりたくなっても出来ない後悔が待っているのだ。




というわけで、数軒ハシゴしながら飲み続けることしばし。
とある店から出てきて、「次はどこ行こうかー」などと話していると、隣の店の子が声をかけてくる。







はっ!?お、お前はーーーーー!!!!






そう、そこに俺の目的の一つである「巨乳ちゃん」が立っていたのだ。
適当に飲み歩いてたので、すっかり目的を見失っていたのだが、会いたかった巨乳ちゃんがそこにいた。





お二方、ここで飲んでもよろしいでしょうか!?





俺は同行する友人たちに確認を取り、店内へと進入した。
ここに来るまでにもまぁまぁ飲んではいたが、久しぶりの巨乳ちゃんとの出会いとあって、俺はさらに飲みまくる。



B168461648




色々とキマってしまっているK島氏は、女の子とゲームをして負けたら服を脱ぐという遊びをしており、気が付くとパンツ姿になっていた。
しかし、実のところK島氏は「ただの脱ぎたがり」で、ゲームで勝とうが負けようが自ら脱ぎまくり、パンツ姿でヘラヘラして幸せそうだった。




B2020-01-25 21.34.55





そして、俺は店内で巨乳ちゃんと戯れ、飲みまくり、その後ショートの約束で一緒にホテルへと戻った。

165㎝ぐらいのスラリとしたスタイルにはマッチしない巨乳。
それは偽りの巨乳ではなく、柔らかい肉を感じさせる触感で、そこから滲み出るエロスを感じない男はいないだろう。
顔は鼻を少しいじっているというものの、きれいな顔で、もろに俺の好みなのだ。


ここまでの評価は、86 SP(スパンポイント)である。


しかし、真のSPはスパンしてからでないと算出出来ないので、とりあえずスパン。





・・・ディープキスOK

デロンデロンと濃厚なキスをしてくれる。
きれいな顔をしているので、もうそれだけで幸せである。





・・・クンニクバスターNG ( ゚Д゚)

クンニはおろか、マンコを見る事さえ許されなかった。
その為、俺は巨乳を揉みしだきながらフェラーリをしてもらうという、終始受け身な状態のままでいるしかなかった。





・・・奥の奥

気持ちよさそうにしている。
俺の粗チンでもしっかりと感じてくれているようだ。





・・・ロデオウェイブOK

これは効果絶大だった。
動かしてまもなくすると昇天し、クンニクバスターで昇天させられなかった無念をここで晴らすことが出来た。





・・・スパンボルケーノOK

もうこれは俺のフィニッシュホールドだ。
女の子が気持ち良くなるのと同時に、俺が昇天する為の動作と言える。
溢れんばかりのマン汁と、大きな喘ぎ声を上げながらの昇天は俺の自尊心を満たしてくれた。




どぴゅ・・・ふぅ。

SP:80 という評価だ。




たわわなおっぱいを堪能出来た事は非常に幸せな経験だった。
酔っ払っていたので詳細には覚えていないのだが、タレの無い豊満なおっぱいとそれをより強調するクビレは、男を魅了する。
そして、この手の女の子はリピートするうちに開放的になってくるので、次回また会えた時にはより良いスパンが出来ることだろう。


この後、いくつかのバーをさらに巡ったが、ただでさえ寝不足だったところに飲み過ぎてしまい、油断するとぶっ倒れそうだったので、大人しくホテルに戻って寝た。
こうしてプノンペン初日が終了した。





 〇カンボジアで天使に出会った話
 

 








このページのトップヘ

見出し画像
×