タグ

タグ:ダークサイド

【中国武漢編~第二章 その44~】 パチモン天国

カテゴリ:




★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子


★★…………………………………★★
 













地下鉄の車両内で美人を見かけたので、遠目に抑えておいた。




Wuhan-blog-10034











そのタイミングで、俺の電話にとあるサウナの経理から連絡が来た。







武漢に来ているんですよね?

良かったらお店に来ませんか?








もう帰るだけのつもりだったが、遊びに来ている以上は時間を最大限使いたいものである。

疲れた表情の同僚Aには申し訳なかったが、もう一軒だけ見学に行ってみようと持ち掛け、経理との会話を進めた。
幸いにも俺たちが泊まっているホテルからも遠くないエリアだったので、帰り道から少し寄り道程度という事で同僚Aも了承した上で、見学する事になった。


最寄駅で電車を降りようとしたとき、目の前に中国人の若者が立っていた。



Wuhan-blog-10035










それがどうした?と思うかも知れない。

が、よく見ると何かが思いっきり間違っているのだ。






Wuhan-blog-10036









HCIACGO
LUBLS











え?( ゚Д゚)

これって、もしかして・・・









CHICAGO
BULLS








って事?(;・∀・)









中国がパチモン大国であるのは百も承知だが、いくらなんでもこれはひどすぎないだろうか。

しかも、ただ間違った言葉がアルファベットで並べられているだけの服で、バスケットボールっぽい要素は何もない。

つまり、どうでもいい安物の上着に適当にプリントしただけなのだろう。

ほんの少しでいいから、こういうロゴでもつけて、スポーツのイメージを醸し出して欲しかったと思う。彼の為にも。



chicago-bulls










気を取り直して、俺達は駅からまたタクシーに乗って、経理から指定されたエリアへと向かった。










・・・また暗いで( ゚Д゚)




Wuhan-blog-10038






しかし、先ほどよりは幾分ましな雰囲気がある。
分かりにくい経理の案内を頼りに道を進み、たどり着いたのがこの店。



Wuhan-blog-10039










が、場末過ぎた。






もちろん、先ほどの玉龙路よりはずっと明るく清潔な雰囲気はするが、底辺と比べてわずかに数センチ上のところで満足してしまう程、俺の感覚は鈍ってはいなかった。









ここもダメだ・・・( ;∀;)










悔しいが、エロの神様からこう言われているような気がしてならない。





B8XNLaACcAALnbM









早々に諦めをつけて、撤収。

外でタクシーを拾ってホテルに戻り、この日の探索は打ち切られた。


そう、翌日の俺たちは赤壁へと向かわなければならなかったからだ。













2016年累計スパン結果: 174スパン(2016/7/14) 

【中国武漢編~第二章 その43~】 置屋にもBBA

カテゴリ:




★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子


★★…………………………………★★
 











周囲をもう少しぐるぐる回っていると、怪しい建物の一角の間口が開いており、そこには豆電球程の電灯が灯っていた。

なんだろう?と中を覗き込もうとすると、その闇の中から人影が現れた。






置屋だった。















が、その人影を照らす電球の照度は明らかに足りておらず、顔が全く見えない。
 
その人物が発する声から推測するに、40~50代の女性であり、そこで客を待っているというのだろうという状況だけが把握できた。

 



BBA13









しかし、先ほどの横綱BBAにも増した恐怖感を感じた俺は、話しかける事も無くその場を過ぎ去り、そろそろ限界かと探索を打ち切ろうと駅へと向かった。






Wuhan-blog-10030







駅の近所にはカラオケ屋のようなものが立ち並んでいたが、なぜかすべて消灯しており、店の前におっさんかBBAが座って、通行人に目を光らせていた。




Wuhan-blog-10028



 

中には「寄ってけよ」みたいな客引きをしてくるおっさんもいたが、その誰もが訝し気な顔をしており、近寄りがたい雰囲気がプンプンしているのだ。

そんなおっさんの表情とは裏腹に、店の中からはマイクを通じて叫びまくる女性の声が響いており、賑やかそうな雰囲気が漏れ伝わってくるものの、ここでは価格調査をする雰囲気では無かったので、店の様子を遠巻きに見物しながら、ゆっくりと駅へと進んで行った。











結論としては、このエリアは地元民向けの遊び場であり、しかも、かなりマニアックな趣向の人が集まるエリアなんだと判断した。

デブ・ブス・BBA・横綱というキーワードが刺さる人にはお勧めかも知れないが、俺が知る限り、このエリアに対応出来そうなスパンヤオは、ただ一人だけである。





ノビさん1

※スパンヤオ:ノビさん
ツイッターはこちら ⇒ @soi_nb 












こうして社会科見学を終えた俺たちは、近くのレストランで食事をした後に、地下鉄でホテルのある光谷まで戻ることにした。

Wuhan-blog-10018

Wuhan-blog-10022

Wuhan-blog-10023

Wuhan-blog-10024


 











2016年累計スパン結果: 160スパン(2016/6/28) 

このページのトップヘ

見出し画像
×