タグ

タグ:ポンチ

深夜の来訪者 その3

カテゴリ:





★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★




(前回の裏筋(※あらすじ))
前回:深夜の来訪者 その2









あー、こちらポンチ。司令部どーぞ。



こちら司令部。どうしたポンチ?



ただいま、嬢にがっしりと掴まれており、そのままマンコに誘導されそうになっております。どーぞ



なるほど、司令部が出した命令は「顔を拭け」だ。マンコへの突入は別命あるまで暫時待機せよ。



こちらポンチ。しかし、もう先っちょとマンコがちゅっちゅちゅっちゅしておりますぅぅ。ど、どーぞぉぉ!!



こらぁ、ポンチィ!!!命令は待機だ!なんとか踏ん張れ!!



こ、こちらポンチィ!!あぁ、もうダメです!ダメですぅぅ!!!(ぬぷぬぷぬぷ・・・



お、おい、ポンチ!!返事をしろ!!無事か!?お、おいっ!!



・・・ポンチよ・・・、お前も護国の鬼となったか・・・









4753977









あー、こちらポンチ。司令部どーぞ!!



!?ポ、ポンチ!?お前無事なのか!?



はい、ポンチは無事にマンコの最深部に到達しております。どーぞ。



無事ならばそれでよい。こうなれば徹底攻撃あるのみだ!征け、ポンチよっ!!



はい、ポンチ、征きまーす!!






こうしていまいちスッキリしないままにポンチがマンコにヌルッと挿入され、俺はゆっくりと奥までポンチを差し込んだ。







はうっ!あぁぁぁぁぁあぁぁぁぁ!!!








深い挿入感に声にならない声を上げながら、プルプルと震えている。
耳元で「きもちえーんか?」と囁くと、全力で首を縦に振るので、かなり気持ちいいのだろう。
そのまま正常位でスパンスパンをし、体勢を騎乗位へと入れ替えたところで異変が起きた。





よいしょっと。





ああぁぁっ!!ブシャー!





・・・え!?( ゚Д゚)
また潮吹いた?騎乗位になっただけで?( ゚Д゚)
しかも、めっちゃ出てるで?え?え?






あまりの潮の吹きっぷりに軽いパニックに陥りそうになる俺だが、俺の上でのけぞるように快感に身を委ねている嬢は、そんな俺にお構いなしに再び腰を振り始める。
そういうことならと、俺も徹底的にイカせてあげようと潮対策でタオルを敷いた上で、奥義:ロデオウェイブを繰り出す。









喰らえっ!ロデオウェイブゥゥゥ!!!








Bull-Riding-Szmurlo



















ブシャブシャブシャシャーーー!!!






噴水








・・・めっちゃ出たで( ゚Д゚)
もうビッシャビシャやん、これ。
スパンよりも洗濯の方が心配やわ。




と、ここで一旦冷静になる。
ロデオウェイブを繰り出すたびに潮を吹きまくる為、これ以上やるとタオルでももたないかも知れないが、ここは徹底的にイカせてあげるのが男の本懐というものだろう。






 
8ddf83cc





ーーーーー

■深夜の来訪者シリーズ
第一話:深夜の来訪者 その1
第二話:深夜の来訪者 その2

【プリケツ嬢 ~その3~】オペレーション・プリケツ

カテゴリ:



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★




前回:【プリケツ嬢 ~その2~】プリプリとの遭遇





俺はとある賭けに出ることにした。



午後遅めのアポは、前の予定が押しているので遅れると連絡があったので、少し時間に余裕が生まれていた。
そこでその時間ギリギリまで様子を見てみて、イケそうだったら午後遅めの案件をリスケしてしまおうという作戦だ。





海兵隊には作戦目的は伝えられるが、詳細についての指示は無いという。
即応性に特化した部隊なため、超現場主義が採用されており、刻々と変化する最前線での判断を最優先するという。




300px-13th_MEU_disembarking_Bright_Star_2005



そう、その場の状況から最善と考えられるプランを常に選択し、的確に行動していく事こそ、過酷な状況下でも生き残り、そして作戦の成功率を高める為に必要なのだ。

この海兵隊のスタイルをスパンに応用したと宣言する大馬鹿野郎は俺一人だろうが、この状況下においての最善のプランは「今目の前にいるプリケツ嬢とスパンをする事」であると考えた俺は、そのプランについて部隊長に進言することにした。





ジー・・・ガチャ

あー、こちらポンチ
脳みそ隊長、応答どーぞ。






ガチャ

ポンチか、なんだ?






ガチャ

実は、遅めの案件を待つよりも、今目の前にいるプリケツ嬢とスパンした方が良いと考えまして。






ガチャ

それは妙案だ、ポンチ
ちょうど俺もそうした方がいいと考えていた
しかし、遅めの案件とは既に時間まで決めてしまっており、この時点でキャンセルするのは難しいのではないか?






ガチャ

相手が何度か約束の時間を後ろにずらして来ているのを逆手にとって、遅すぎるからリスケしようと持ち掛けてはいかがでしょうか?
こちらは何度か譲歩しているので、向こうもこれを理由にされると一方的に怒りを覚える事が難しいと考えます






ガチャ

それは妙案だ、ポンチ
今回はその案を採用し、目の前のプリケツを本作戦の目標とする
これを「オペレーション・プリケツ」と命名する
直ちに作戦行動を開始せよ!!








ガチャ

こちらポンチ、ブラジャー!!








こうしてポンチの進言が採用され、部隊が一丸となってプリケツ攻略に乗りだした。




4753977






オペレーション・プリケツの内容はただ一つ。











プリケツ嬢とスパンせよ









だけである。
その為に必要な作戦行動は対応しながら都度変化する為、これらについてあらかじめ決められるという事は無い。

俺はプリケツ嬢に提案した。









ちょっと買い物があるんだけど付き合って。








プリケツ嬢は暇なので、ここは二つ返事でOKしてくれる。
これは俺の読み通りだが、本当にちょっと買いたいものがあったので家の近所の店に移動して買い物を済ませると、







ちょっと(荷物が)大きいし、雨も降ってきたから家に置きに行こう






と次の行動を提案した。
プリケツ嬢は特に反対するわけでもなく、俺の家までついてきた。


 




ーーーーー


■プリケツ嬢シリーズ
第一話:【プリケツ嬢 ~その1~】香港人じゃないってば
第二話:【プリケツ嬢 ~その2~】プリプリとの遭遇

このページのトップヘ

見出し画像
×