タグ

タグ:リスク

インドネシア人は巨乳でセックスに寛容である。

カテゴリ:



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★












インドネシア人は巨乳でセックスに寛容である。








俺の中にあるインドネシア人女性の特徴を俺なりにまとめたものが、冒頭の一行である。
これに同意するも否定するもそれぞれ意見があるだろうが、少なくとも俺が出会ってきたインドネシア人女性のほとんどは、このシンプルな条件に包括される。

香港にいるとインドネシア人女性との出会いが多いとどこかで書いたと記憶しているが、お国の事情でそういう出会いが多いのだが、それを活用している変態クズ野郎は俺ぐらいだろう。


■参照記事 「なんでそんなにスパンパートナーが見つかるの?」



しかし、インドネシア人女性達の思考回路は非常にストレートで、良い表現をすれば素直で、悪い表現をすれば思慮不足である。
細かい具体例の説明は省略するが、その辺に慣れて適当にいなせるようにならないと、とたんにめんどくさい事になり、スパンどころの騒ぎではなく、下手をすると刺されて終わる。
幸いに刺されるような事態には至らず、むしろふとした拍子に縁の切れていた嬢とも復縁し、また爆乳を堪能させてもらえるような展開になると、会う前から勃起が止まらない(※もうCCBは出さない)。



インドネシア人女性と遊ぶと良い事が多いのだが、日曜日に彼女たちの休日が集中する為に、俺のスケジュールは朝から夕方遅くまでみっちり彼女達の対応に追われる事になる。








・・・スパンしてるだけだが( ゚Д゚)









が、今週末は久しぶりに中国へ突入しようと検討中である。
俺が仮称で「幼女村」と呼ぶエリアがあり、アレな場所であるのだが、何というか外国人を寄せ付けない雰囲気が満載のドローカルエリアであるが故に、ややもするととんでもない当たりを引く事がある。
俺はこのブログで詳しい情報を明かさないが、それは俺のブログだけを頼りの突入し、日本人が公安に捕まってしまったという悲しいニュースを聞きたくないからである。

変に金払いの良い日本人が、現地人の相場以上の代金を支払うという行為が横行するのを警戒しているのは本当だが、中国語が出来ないとそもそも見つけられない上に交渉が出来ないのでボラれるか痛い目に遭う確率が圧倒的に高いので、行って欲しくないという気持ちも強い。



俺は、そのような様々なリスクを理解し、自己責任で全てを解決出来る人々のみを「変態クズ野郎同志」として迎え入れ、情報を共有する。
インターネットの情報を参照して遊んだ挙句に「書いてある事と違う」とか文句を言ってくる輩は、同志でも何でもないただのクズ野郎でしかないので、絡むなら他の奴に絡んで頂きたい。



e12f155304f6b8f384accb8d9b0396a2_600










今の日本には「自己責任」という言葉が足りてない気がする。








昔はある程度まで自己責任という言葉が先にあり、「そりゃ、おめーが悪い」と大人が子供に教えてきたはずだ。



5e2ddab7-s






過剰な訴訟リスクを抱えながらサービスを提供するという難しさを考えると、経済成長が鈍化するのも致し方ないだろう。





 



2018年累計スパン結果: ??スパン(2018/7/9)



スパン数数えてないから、分からんようになってもうた・・・( ゚Д゚)

カテゴリ:






5時間の高鉄の旅を終えて、深圳まで帰ってきた。







もうあと5日ぐらい武漢にいてもいい。










そんな気分である。









深圳のオシャレスポットで元カノ(湖北嬢)を待っているが、深圳だからと言って特別に女の子がかわいい訳でもなく、むしろ武漢の子たちの方が親しみを覚える。

おそらく、広東人よりも色が白く、鼻が高いからだろう。






んでもって、細い子が多い。













とか書いていると、昨日2回も突入してしまった置屋嬢の細さと、白い肌とピンク色のキレイな乳首のコントラストを思い出して勃起してしまう俺である。






置屋で、この値段で、こんな娘がこんなに激しくしてくれるのか!?










ただただ驚きであり、常平崩壊後に植え付けられた「スパンしたけりゃ金出しな」という頭の中の価値観は打ち砕かれた。







アレを味わうと、普通のサウナですらバカバカしく思えてしまい、ただスパンするだけならあそこで良いやと他の選択肢を放棄させられる勢いである。









という訳で、武漢再訪はマスト(必須)である。





勿体ぶるつもりも無いが、あの場所は決して安全とは言えないのでブログでは公開しない方が良いような気がする。

ブログを読んで突入した日本人が捕まってトラブルになっても自己責任ではあるが、ただブログを読んだだけで突入するには無防備過ぎる。
ある程度中国語が理解出来れば見つかる情報であるという点からも、中国に慣れている人は頑張って探し出して欲しい、そんなレベルの場所である。



その代わりに「まぁ、大丈夫だろう」というサウナにたどり着けるような記事は書く予定だ。








撮りまくった写真の整理もあるが、早くブログに書きたいと思う。










このページのトップヘ

見出し画像
×