タグ

タグ:出会い系

カンボジアで天使に出会った話 第6話 ~気が付けば○○~

カテゴリ:



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★









ホテルに戻って暇だなと感じた俺。(いや、仮眠しろよ)





おもむろに取り出したるは、






スマートフォ~ン!(普通だな、おい)




1050321848342





スマホを取り出して開いたのは、愛用している出会い系アプリだ。
そこで適当にカンボジア人の写真を確認しながらペラペラとめくっていき、マッチがあればメッセージを送るという作業をしていたところ、何も反応が無かったら寝るかーと思った矢先に、こちらが送ったメッセージへの返信があった。
こういう早い反応は売春婦からの営業である可能性が高いのだが、初返信だったのでとりあえず様子を探ろうとメッセージをさらに返信してみた。




どうやらもうすぐ仕事が終わるらしい。




ということで、ここで一旦素人だと認定しておく。
ここからはあの手この手で会えるように誘いをかけるのが俺の常道だ。



仕事が終わったら何するの?などと他愛のない質問をし、彼女に特に予定が無い事を確認すると、「時間があったらコーヒーでも飲もう」と誘い、ホテルまで来てもらった。
ホテルの前で女の子と合流する。名前は「J」としておこう。

が、俺が出会い系のサイトで見ていた顔と全く違い、そこにいたのはただのカンボジア人のおばさんである。
確かにプロフィールには35歳と書いてあったが、写真はばっちりメイクをして目鼻立ちがはっきりしている美人系の顔だったのだ。




ん、J?



そうよ、どうかした?




写真を見せながら「これ、本人?」という意図で尋ねても特に驚いた様子もないことから、メイクをすると大化けするタイプなのだろうと察した。
そして、俺の前にいるのはちょっと疲れた感じのおばさんなのだが、わざわざ来てもらったからにはせめてコーヒーぐらいごちそうしないと申し訳ないと思い、





じゃあ、コーヒーでも飲みに行く?





と打診した。

すると、





んー、別にコーヒー飲まなくても良いよ。

この後、ちょっとしたらいとこに会いに行かないといけないし、あなたの部屋でゆっくりしましょう。






と言うではないか。



・・・これは俺に抱かれに来たのか?(おい)





images






と勝手な勘違いを抱き、目の前のおばさんに欲情し始める俺。
諸事情があって、プノンペンに来る1週間程前からオナニーすら出来ない状況だったので、ちょっとでもスパンのチャンスがあれば猛烈に欲情してしまう発情期だったのだ。





・・・じゃ、じゃあ、俺の部屋に行くか。(※声は上ずり気味)






とホテルに入り、俺の部屋に向かおうとすると、レセプションから女の子のIDを預けていけと言われる。





が、なぜかこのおばさんはIDを携帯しておらず、「IDが無いと入れない」と断られてしまった。
しかし、おばさんがクメール語であれこれと伝えて、何かを見せたことによってOKが出たので、俺たちは部屋へと向かった。



が、いかに発情期と言えども、「このおばさんに欲情していいのか、俺」と自問自答をするぐらいの冷静さは保てていたので、部屋に入ってからもいきなりパンツを脱いでチンコをデーン!と出すような事は無く、極めて普通にお喋りを始めた。







・・・のだが、気が付けばなぜかオッパイを揉んでいた。






・・・そして、気が付けばなぜかクンニクバスターを発動していた。






・・・さらに、気が付けばなぜか昇天させていた。






・・・どこでどうなったのか、気が付けばなぜかフェラーリをされていた。






意外にもおばさんのフェラーリは気持ちよく、溜まっていたものが暴発しそうになる。







こ、これではいかんっ!!






と気持ちを切り替えてスパンに持ち込もうとすると、そこで断られてしまった。


a560907e






今日初めてメッセージのやり取りをして、さっき会ったばかりなのにスパンなんて出来ないわっ!!




てなことをのたまう。
そして、それは大いに正しい。

しかし、しっかりフェラーリをし、クンニクバスターで昇天もしているという矛盾に気が付いていないのか、お互いに全裸になっている状態でのこのセリフである。





そして、チンコだけは断固として拒否る。


a560907e




しょうがないので、そのしばらくおばさんの巧みなフェラーリテクを堪能し、未発射のまま終了した。
どうやらお別れの時間が来たようだ。





おばさんは恥ずかしそうに帰っていった。
そしてしばらくして「私はとてもシャイだから・・・ごめんね。でも明日もし会えたら続きをしましょう。」とメッセージを送ってきたのだ。









ケッキョク、ヤリタイノカ((+_+))







理性を抑えて立ち去ったものの、彼女のマンコが主張する性欲の部分には未練のようなものがあったのかも知れない。
しかし、旅先での時間の浪費は非常に好ましくないので、俺はたとえスパンが約束されていたとしてもJと会うつもりはなかった。








そうだね、時間があったら会おう。






0dbf1cf825d84d2fb73de86b3c6fa9b3






と、当たり障りのない返信をして、1時間程の仮眠を取った。












 〇カンボジアで天使に出会った話
 

 

 

 



 

 

深夜の来訪者 その4(完結)

カテゴリ:





★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子



★★…………………………………★★


スパンスパン王子のスパンノウハウを公開中

スパン道.WEBはこちら

http://www.spanspan.com/



★★…………………………………★★




(前回の裏筋(※あらすじ))
前回:深夜の来訪者 その3

自らの犠牲をいとわず護国の鬼と化したポンチが、嬢からあふれ出す大量の潮の前に戸惑い見せるも、奥義:ロデオウェイブを繰り出して嬢を最絶頂へと導く。
心配すべきはベッドを潮から守る為のタオルがびしょびしょになってしまっている事だった。












俺の下半身には潮だまりが出来ており、身体の下に敷いたタオルの吸水力の限界を突破しようとしているのは、身体に触れるタオルの感触から感じる事が出来る。
ここでF1のピットイン作業のように素早くタオルを交換するという選択もあったのだが、そのタイムラグを許容すべきではない程に嬢はヒートアップしており、ここで限界までプッシュする事によってより大きな成果を得られるだろうと感じた俺は、さらにロデオウェイブを続けた。






またまたロデオウェイブゥゥゥ!!!





ブシャブシャブシャシャーーー!!!






・・・!&%^$#!!





何を言ってるのか分からないが、思いっきり潮をバシャバシャと吹きながら絶頂に達する様子は俺の満足中枢を刺激し、精神的にも満たされる体験であった。
俺にもたれ掛かるようにして呼吸を整えている嬢に対し、俺は一呼吸置いてから再び攻勢に出た。






最終奥義、スパンボルケーノォォォォ!!!








スパパンスパパンスパパンパンッ!





images












あんあんああんあんんんんっっっ!!ブシャー!!









と、いい加減ベッドが心配になったので、このタイミングに合わせてドピュッと発射しておいた。




44









ティッシュで身体を拭こうとするとティッシュがみるみるうちに水分を吸収していくのが分かる。
それほどまでに潮だまりが出来ていたのだから、この嬢は体の水分をかなり放出したのだろうと心配になるレベルだったので、身体を軽く拭いた後に水を飲ませようとすると、ガブガブと一気に飲み干した。


いつもこんなに潮を吹くのかとそれとなく聞いてみたところ、こんなに出たことは無いと言っていたのだが「尋常じゃないレベルの潮吹きをしておきながら、そんなはずはないだろう?」と心の中で思いつつ、「これは次回再び検証しなくては。」と心に誓ったのだった。

お互いに深夜の一戦を終えて疲れ果てた様子で眠りにつくと、その僅か3時間後には嬢を起こして俺は仕事へと向かうのだった。






突然の訪問オファーでも、酔っ払っていて動けないとかでなければ基本受けるようにしている。
というのも、スパン出来るチャンスが転がり込んでくる事なんか滅多に無く、拾えるものは貪欲拾うべきであるからだ。
俺は今回のチャンスを丁寧に拾った事によって、スパンレギュラーを新たに一人獲得した事になり、先発ローテーションに厚みを持たせることが出来た。







自ら流すな、きちんと拾え。






images (1)







これは日常会話の気付きから、スパンはおろか、ビジネスにまで繋がる必要な要素であると思う。
流れを掴み、チャンスを拾う事がスタートで、そのあとのチャンスをモノに出来るかどうかはそれまでの経験と能力に依存する部分はあるだろうが、チャンスがそこにある事に気付かなければ何も始められないのだ。
どのような流れになっても、チャンスだと気付いたら自分から捨てるなどと愚行を冒す事は避けるべきであり、貪欲にチャンスを作り出す流れに誘導するスキルも身に着けるべきである。






深夜の来訪者シリーズ -完-





ーーーーー

■深夜の来訪者シリーズ
第一話:深夜の来訪者 その1
第二話:深夜の来訪者 その2

第三話:深夜の来訪者 その3


 

このページのトップヘ

見出し画像
×