タグ

タグ:遊び方

久々更新(※大したことは書いてない)

カテゴリ:




★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子


★★…………………………………★★
 









前回の更新から一か月近くご無沙汰だったが、その間に何をしていたかというと、








ジム通い















スパン








である。




他の事は特にしていないのと、色々とあって特にブログを更新するような気にはならなかった。

ブログは楽しく更新したいので愚痴や文句のようなものは言いたくないので一言だけにしておく。







「趣味で書いてるブログなので、注文つけられても絶対に拒否します。」













-----











さて、話を元に戻そう。


とりあえず、前回の更新から今日までの間に25スパンほどこなしている。


その内の15スパンは旧正月中休みでタイに行った際の数字だが、2月6日からタイに入って、12日夜までの間で15スパン。
ペイバー3人で5スパン、ソイ6で1スパン、残り9スパンはフリースパンという内訳になるが、今回はフリースパンが多かったにも関わらず出費がかさんでしまったという印象が強い。




冷静に分析をすると、

 原因1:意外にも数回ペイバーをしてしまった

 原因2:ゴゴでの大盤振る舞い(パタヤに来るといつもこうなる)

の二つが当てはまる。




馴染み嬢がいたことからのペイバーというお付き合いペイバーもあるが、最近スパンヤオが話題にしている嬢に支払うチップの相場よりは安くしてもらってるのは何となく有り難い。

それ以前に、ペイバーの際に全く価格交渉をせずに連れ出し、あれこれやった後に「これぐらいでいい?」と適当な額(※ベラボウに少ないわけではない)を手渡しているのだが、この方法はあまり一般的では無いらしい。




スパンヤオ達のアドバイスによると、ペイバーの際には金額と滞在時間をしっかり確認し、どんな事が出来るのかまでをペイバーを約束する前に全て交渉するのが良いという事だ。

この辺はそれぞれのスタイルもあるだろうという事で、自分の好みのスタイルで使い分けて頂きたい。
例えばゴーゴーバーで遊ぶのが初めてという事であれば、最初に金額だけは交渉しておいた方がいいとは思うが、相場が分からないと交渉も出来ないだろうから、スパンスパン王子的相場を書いておく。


■バンコク
 ペイバー代: 600バーツ
 ショート(1~2時間、1スパン): 2,000バーツ
 ロング(4時間~、2スパン~): 3,000~4,000バーツ


■パタヤ
 ペイバー代: 600~1,500バーツ
 ショート(1~2時間、1スパン): 1,500~2,000バーツ
 ロング(4時間~、2スパン~): 2,500~3,000バーツ



バンコクとパタヤの違いは、時間帯によって2段階あるペイバー代(バーファイン)の設定と、微妙に異なる嬢へのチップの幅であると思われるが、バンコクは0時前までに数回転して稼ぎを上げる事を重視する「プロ思考」の嬢が多いのに対して、パタヤは基本的にロングで外に出る事を好む「アルバイト思考」の嬢が多い。

この事から、ペイバー代の違いはあれども、結果的に安く済む可能性が高いのがパタヤだと言えるが、店内で嬢を召喚してからのわずかな間でどれほどの関係が構築出来るかに依る為、料金の設定はあってないようなものに等しく、特にチップは嬢の腹積もり一つで決まるケースも多い。

俺は嬢と仲良くなることが多いので、最初から価格を決めずに連れだして「何となくディスカウントしてもらう」というケースがほとんどであるが、嬢との相性が悪いとここでトラブルになる事もあるので、不安な方はある程度交渉しておいた方が良いとは思う。





しつこいようだが、金額はあくまで目安であり、個人的な経験に沿ったものが多いので、「ぼったくられた!」「書いてある相場と全然違う!」などのクレームはご容赦頂きたい。

夜遊びでいくら使おうが、それは全て遊ぶ人の自己責任である。

楽しかったらたくさんあげれば良いだろうし、楽しくなかったら値切れば良い。










久しぶりに書いたくせにまとまりのない記事になったが、







遊び方は人それぞれ。




ただ、情報は欲しいよね。






ってことです(*'ω'*)
 








2016年累計スパン結果: 45スパン(2016/2/23)    
 

台湾タクシー、何でもござれ part1

カテゴリ:



★★…………………………………★★



祝!!300スパン ¥(´∇`)¥



スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子


★★…………………………………★★
 









さて・・・、何を書こうか。






最近スパンはしているものの、ネタになるような事が無い。


最近でネタに出来たのはデブス嬢ぐらいだと思われるが、昨日思い出して写真を見てみたら本当に五頭身だったという、ひどくどうでもいいオチしか無い。





そんなネタに困っている中、俺のブログの記事でも人気が集まっているのは台湾系の記事になる。


ブログの左カラムに「人気記事TOP3」を掲載しているが、そこで一位を座を譲らないのは「やっぱり台湾娘が最強なのか・・・」という記事である。











思うに、「台湾」というキーワードが注目を浴びているのと同時に、サムネイル写真が見事に「谷間写真」だからなのだろうと思われる。




これね。
12065543_797814747001598_1640363023710945066_n















台湾は風俗過疎地域である。










厳密には、あるのはある。











そして、どっぷり潜れば日本なんかよりもエロい遊びが出来る。







が、やっぱりコストパフォーマンスはよろしくない。






というのが俺の感想である。

 

ほとんどの人は台湾では林森北路あたりの日本人向けカラオケ店でしか遊べてないと思うが、ポン引きBBAによる斡旋を受けると置屋のようなところに連れて行かれて選ぶことが出来る。





が、高い。






が、かわいくない。









では、かわいい子と出会う為にはどうしたらいいのか?






ハードルは高いのだが、いわゆる地元民向けのカラオケ店に潜り込んで遊ぶしかない。








しかも、台北以外、台中などの都市がベターである。







というのも、台北は風俗に対する取り締まりが厳しく、店も派手に出来ないという建前がある。

その為、その辺が緩い南に下りる方が良いとされている。


これはネットで調べた情報でもその傾向が強く、台中ではエロ遊びを堪能する事が出来る事は間違いないだろう。












この辺りはまた実地調査に行かないといけないのだが、来年のどこかで試してみたいと思う。










と、いうわけで。




台湾の遊びで、俺が一番テンションが上がった遊び方を書いておこう。









個人的な経験から、ではあるが・・・・














過去に書いたかも知れないが、俺自身が書いたかどうかを覚えてないので、とりあえず書いておく(強引)。


それは、







タクシーの運ちゃんに手配してもらう。








というやり方だ。







え?(・∀・)









という反応が見えなくもないが、俺はこれが一番おもしろかった。







食事の帰りにタクシーに乗り、タクシーの運ちゃんと少し会話をした際に、俺は運ちゃんに質問をしてみた。








在台北玩的话,去那里玩是最好玩的吗?








台北で遊ぶとしたらどこで遊ぶのが一番面白いですか?


という内容だが、その質問に真面目そうな運ちゃんは「台北101近辺のクラブなどがにぎやかだよ」と教えてくれる。

なるほど、質問の答えとしては間違ってはいない。

いや、むしろまっとう過ぎて申し訳ないぐらいだ。



そこで俺は質問を変えてみた。








我想知道我去那里跟女孩子会找到,你能不能介绍可爱的女生给我?









どこに行けば女の子に会えるのかを知りたいんですが、紹介してくれませんか?



という内容だ。














真面目そうな運ちゃんの目つきが変わる。










你需要找女生玩吗?














女の子とスパンスパンしたいのか?(・∀・)








俺的な意訳を踏まえた翻訳だが、俺はそういう風に解釈して話を進めた。

すると、運ちゃんがどこかに電話をし始め、会話をしながら時折俺に話しかけてくる。













1時間で3,000TWDだとさ、いいかい?










俺はとりあえずスパンが出来るならそれでいい、と全く交渉をする事なくその条件を受け入れた。
円高だった時期でもあるので、日本円にすると当時のレートで8,000円ぐらいだっただろうか。
(※もしかしたら4,000TWD(当時のレートで1万円程度)だったかもしれない。)












意外に安い。














が、全くシステムも分からないし、どんな女の子が来るのかも分からない。



不安はあったが、全く新しい体験が出来る事への関心の方が大きかった。






そして、俺がそれを受け入れたのを先方に告げてから、少し郊外の団地のようなところへと俺を案内してくれた。


タクシーが停まると、団地の中からちょっと大柄のおじさんが現れ、こちらに駆け寄ってきてドアを開けようとする。









お、追剥かっ!?ヽ(`Д´#)ノ





img_7





と一瞬警戒したが、運ちゃんが窓を開けて何やら話をしている。

どうやらこのおじさんと電話をしていたようで、あとはこのおじさんについていけという事だった。








俺はおじさんにタクシー代+αのチップを手渡し、








じゃあ、行ってくるねっ!!(*''▽'')







と爽やかに別れた。




案内役のおじさんはニコニコしながら、









さぁ、こっちだっ!!







と団地の中に手招きしながら俺を先導するように歩き始めた。


全く土地勘の無い場所だっただけに、もう逃げられない。


まだ支払いはしていないのでトラブルの気配がしたら俺は逃げ出すつもりだったが、とりあえず俺はそのおじさんに従うしかなかった。







続く

















2015年累計スパン結果: 316スパン(2015/11/11)    




このページのトップヘ

見出し画像
×