タグ

タグ:馴染み

【スパン旅行記】 バンコク・パタヤ珍道中-76

カテゴリ:







★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子


★★…………………………………★★













気持ちが落ち着いたところで食事を開始。


が、一見すると普通のタイ料理屋なのに無駄に高い。
(ここでまたタクシードライバーへの怒りが甦るが、再びぐっと我慢した。。。)




写真が見当たらないので細かい話はスキップするが、良くある空芯菜の炒め物が200バーツぐらいした記憶がかすかにあり、二人なのに食事だけで2,000バーツを超えたような・・・






まぁ、いい。








そんな感じで食事を終えて帰ろうかと思ったら、嬢がデスコに行きたいと言うので二つ返事で承諾し、今夜はデスコまで一緒にいる事になった。

しかし、デスコが盛り上がるのはまだまだ遅い時間である為、それまで暇だなという事になり、とりあえず部屋に戻ってシャワーでも浴びようかと思い、嬢を連れて部屋に帰った。
スパンをする気では無いので、部屋に戻るなり音楽をかけてダラダラし始めると、嬢はスマホのゲームでずっと遊んでいる。
まるで倦怠期のカップルのようだが、俺は別にそれで構わなかった。



しかし、あまりにも待ち時間が長くて飽きたのか、「今日はデスコ行かないで帰ろうかな~」と言いながら、かわいく悩み始める。

俺はそれを受けて、










「行きたくなかったらいつでも帰っていいから、好きなだけ悩みな。」









と告げて、嬢の横に腰かけた。



俺の方にもたれかかって俺の肩に頭をもたげると、しばらく悩んだ後に「行く」と小さい声で呟いた。

俺はそっと嬢の頭を撫で、時間が過ぎるまでそのまま傍にいたいと思った。














出かける時間まで、あと1時間半ぐらいだっただろうか。
 
少し早目に行って、嬢を早めに帰すぐらいでいいかなと思っていたところで、嬢が唐突に立ち上がり、腰に手を当てたお嬢様が見下しながら命令を下すように「シャワー!!」と言い放った。



gaettas



 
ちょっとびっくりしたが、「まぁ、出かける準備をするんだろう」と思いながらシャワールームへと移動し、普通にシャワーを浴びて服を着る為にスーツケースのあるベッドルームへと移動すると、嬢が裸でベッドに寝ていた。

















ふぁっ!?(@_@;)





す、するの?


























・・・するか(´-`*)
(ここまで0.1秒)








ということでスパン開始。

さすがに裸になられてはスパンをせざるを得ない。(内心すごくうれしかったのは言うまでもない。)









すぱんすぱんすぱん(以下略)












こうしてスパンを終えた俺達は、デスコへと向かって出発した。
















2015年累計スパン結果: 212スパン(2015/8/20)    

【スパン旅行記】 バンコク・パタヤ珍道中-73

カテゴリ:







★★…………………………………★★


スパンスパン王子のツイッターはこちら

ブログの更新もツイッターでお知らせしています。


スパンスパン王子


★★…………………………………★★












そんなネコまっしぐら(※カルカンね、カルカン。)思想を排除した俺は、嬢にも嬢の都合があると理解を示す姿勢を取り、一切の怒りを生じさせる事無くバカラを後にした。


相手を理解しようとすれば、理不尽な行動にも何かしらの意図が見えてくる為、感情的にはならずに済む。





バカラを後にした俺は、定番のナナプラザへと移動した。








やはり、安心する。







ほっとする。







勝手知ったる庭を駆け回る子犬のように、自然と気持ちが高揚し、ワンワンッ!(今度は犬だっ!)と元気よく吠えたくなるようだ。(※感情の表現だけであり、実際にはポーカーフェイスである。)











そんな子犬と化した俺自慢の嗅覚を活かして向かった先は、安心のレインボーグループである。(全然嗅覚が役に立っていない。)

そして、馴染みの嬢を探し出し、目が合ったところでチョイチョイとまねき猫(※ここで猫に戻る)のように手をこまねいて嬢が俺の隣に来るように合図を送った。





ワンパターンである事の安心感と、その深み。





とっかえひっかえ新しい嬢とのバタフライプレイも楽しいのだが、一人の嬢を深く深く掘り下げていく事は、スパンして満足する身体的な満足以外の充実感を得る事が出来る、また一つの方法であり、また新たなステージへと昇るきっかけになる。

その辺りのノウハウのようなものはまた別途書く事にして、話を前に進めよう。











とりあえず話でもというノリで召喚したのだが、











「ペイバー、するんでしょ?」










さくさくと話をまとめられ、ここで一旦スパンヤオだんじりーを残し、その嬢とホテルに行くことになったのだが、肝心の俺は何となくやる気が出ない。

付き合いが長い事もあって、妹的存在でもあるような錯覚に陥った為にどうにもスパン意欲が沸かなかったので、ホテルに連れてきたものの、ソファーでダラダラしたりしながらテレビを見てしばらく過ごしていた。

すると、嬢が唐突に「シャワー」と言って立ち上がり、とっととシャワーを浴びてきた。

 
平和ボケしている俺の脳内では、「ああ、もう眠くなったから寝るんだな。」とあくまでスパンしない場面のみを想像し、俺は俺でシャワーを浴びて嬢と一緒に寝るんだと勝手にストーリーを構築していった。


が、ここでも嬢の一方的なノリが始まった。












ほら、早くシャワー浴びてきなさい!












・・・・え?や、やるの???











スパン無しで適当に1,000バーツぐらいのチップを渡して帰ってもらえばいいだろうと思い込んでた俺からすると、驚きと共に義務感が生じてきたのを感じつつ、テンションが上がらないままにシャワーを浴びて、ベッドへと向かった。









そして、さくっとスパンをする。











で、気が付くと流血している。











・・・え?(・.・;)








嬢は焦るが、生理ではない為にシャワーで洗い流して終わりとなった。






激しすぎるスパンをすると、出血する事があるというのは前から知っていた。
それに、出血するのは実はこれが初めてではないので、俺は全くもって驚かないのだが、初めて出血する嬢はあたふたとナプキンと着けたりして大変だったりする。






そんなひと騒動の後、嬢はチップを受け取って帰宅の途に就いた。











2015年累計スパン結果: 201スパン(2015/8/13)    

このページのトップヘ

見出し画像
×