タグ

タグ:鯉魚門

【香港グルメ】鯉魚門での注文方法

カテゴリ:






--

前回では鯉魚門への行き方を紹介した。
今回は注文の流れとおススメの品を紹介する。
 
■【香港グルメ】鯉魚門への行き方

--




鯉魚門での注文は、レストランに入ってメニューを見て注文・・・だと、普通の中華料理しか出てこない。(※一部海鮮料理をメニューに載せている店もある。)



ここでの醍醐味は、やはり目の前にいる魚や蝦や蟹などを選んで料理してもらう事に尽きる。




ということで、簡単な流れを説明する。

・龍門海鮮酒家前まで歩く

 ↓

・レストランの真ん前にある魚屋(通路の角にある)のオヤジに声をかける

 ↓

・生簀の中を覗き込みながら、魚を選ぶ

 ↓

・都度、値段を確認する
(※もしくは先に予算を告げておく)

 ↓

・選び終わったらレストランに入り、選んだ食材の調理法を確認する

 ↓

・酒やジュースを注文し、飲みながら待つ
(※酒やジュースはレストランの中で頼む)

 ↓

・出された料理を食う








と、ざっくりこんな感じだ。

魚屋のオヤジは、うちのボス曰く「ナマコのような顔」をしているのだが、俺達がさんざん通ってるうちに魚の名前を日本語で言えるようになってしまったという、馴染みのオヤジだ。

参考までに「なまこ親父」の写真を公開しておこう。


2421fff3



このオヤジが店にいないこともあるのだが、オヤジじゃないスタッフの方が親切だったりするのはここだけの話に留めておこう。



おススメしたい食材は、

 

 シャコエビ

 ガルーパ



は、必須とも言える食材で、


■シャコエビ(ニンニクと一緒に揚げてある)

30




■ガルーパ(醤油ベースのスープと一緒に蒸してある)

08




特にシャコエビは病みつきになる味付けなので、外さずにオーダーしてもらいたい。
あと、時期が良ければトコブシ(小さいアワビみたいな貝)もおススメだ。

調理法が分からなくても、この写真を見せれば向こうが勝手にやってくれるだろうから、安心して突入して欲しい。




しかし、くれぐれも、




蒸したシャコエビ




だけは頼んではいけない。










まずいからだ。







いや、特別まずいわけではないのだが、ニンニクまみれで揚げられたシャコエビの方が138%うまい。







断言しておこう。






何だかんだと酒も置いてあるが、ワインはロクなのがないので持込み料を払って持ち込むか、おとなしくビールを注文する方がいいだろう。



ところで、日本人が中華料理と言えばもれなく頼むであろう紹興酒だが、こちらの人はほとんど飲まないので、品ぞろえも大したことが無いと思っておいた方がいい。




帰りは入り口の門を抜けて左手に進むとタクシー乗り場があるので、タクシーに乗って帰るか、または徒歩でMTR(地下鉄)の駅までテクテク歩いて帰ると良いだろう。





しつこいようだが、語学に自信が無い人はこの本をおススメしておく。
空港の書店などでも入手可能だが、事前に何が書かれているのかを把握しておく時間を作るためにも、amazonで購入して早めに手元に置いておいたが方がいいだろう。




 


以上、【香港】グルメ海鮮料理-鯉魚門編、終了だ。



 

【香港グルメ】鯉魚門への行き方

カテゴリ:






--

前回では鯉魚門という場所を簡単に紹介した。
今回はその場所への行き方を紹介する。 
 
■【香港グルメ】海鮮料理といえば・・・鯉魚門!!!

--
 






鯉魚門は、香港の東側にある。

今回紹介するレストランは、









正直、小汚い。










が、味は良い。







という、なんとも香港らしいレストランだ。
※汚いところで食べたくなんかねーよ!!という人はこのエリアに近寄らない方が無難、というぐらいに思っておいた方がいい。







海外に行ってローカルフードをガンガン食べて食あたりなどの辛い思いをしたけども、それでもローカルフードが良いんだ!!






とかいう人じゃないと、初めての香港旅行では訪れる事がないだろう。


しかし、実際のところ、ここでたらふく食べて腹を下したという事は無いので、このエリアの魚市場的な雰囲気や店の設備が東南アジア然としたチープな雰囲気であるという事を除けば、香港でリーズナブルにうまい海鮮料理が食べられる場所であると断言できる。




尖沙咀や中環などの主要なエリアからのアクセスはタクシーが便利だ。
ただし、タクシー運転手に「レイユームン」と言っても通じないと思われるので、紙に「鯉魚門」と書いて見せるようにする事を強くお勧めする。

あれこれと英語や日本語で押しても、「てめぇ、何言ってるか分かんねーよ!降りろ!」と言われる事も少なくないので、トラブルを避ける意味でも紙に漢字を書いておく事を勧めておきたい。




香港の旅のお供に必携な広東語指さし会話帳を紹介しておこう。
料理も指さしで注文できるので、ローカルレストランにガンガン突入したい人は重宝するだろう。





Google MapsのURLをここに貼っておこう。
このURLをクリックすると、Google Mapsが開いてその場所を確認出来るはずだ。
香港で開くと、鯉魚門までのナビゲーションを呼び出す事も出来るので、活用してもらいたい。

■Google Maps - 鯉魚門
 http://goo.gl/kJedVb






ルートは以下の地図のようになる。
運賃は150~200HKD程度だろうか。


龍門海鮮酒家 - Google マップ 2014-12-10 09-02-23



ちなみに、地下鉄(MTR)でも行ける事は行ける。
油塘(ヤウトン)という駅が最寄り駅になるのだが、この駅のA2出口を出てテクテクと歩く。

道のりは地図を参照してもらいたい。

Google マップ 2014-12-10 09-21-29



駅からの道は街灯こそあるが、やや薄暗い上にアップダウンがそれなりにある。
その道を10~15分歩くと、なぜかタイをモチーフにしたエリアの入り口が見えてくる。


Google マップ 2014-12-10 09-23-10


奥に見えてる鳥居のような門をくぐり、左へ折れて奥に進むと、メインの魚市場兼レストラン街が見えてくる。


ここで注意したいのは、








市場の外の店には入るな。






という事だ。
ここは日本人及び中国人の格安ツアーで連れて来られた客が、訳も分からずに放り込まれて









「ほら、香港の海鮮料理だぞ!」






と偉そうに出される割にはチャーハンとかしか出されないという、悪徳ぼったくりレストランだからだ。
 
某大手旅行会社のバスなどが泊まっている事があるが、そういうので連れて来られてしまう人たちは、奥の雰囲気を味わうことなく、入り口の店に放り込まれて、かつ30分ぐらいの時間しか与えられないという。

 
そういう人たちは決まって「鯉魚門なんて大したこと無いよ」というのだが、それは本当の姿を見ていないからだ、と声を大にして言いたい。






というわけで、築地市場のような魚屋ばかりの細い道を奥に奥にと進むと、ちらほらとレストランが出現するのだが、その中でもおすすめなのは「龍門海鮮酒家」だ。



香港のぐるなび的なWEBサービスのOpenRiceのページを紹介しておこう。
ここには料理の写真も掲載されているので、参考にしてもらえるだろう。


■OpenRice - 龍門海鮮酒家

Lung Mun Seafood Restaurant  OpenRice Hong Kong



特別な日を除けば満席で入れないという事は無いが、19時前までに店に入るか、もしくは予約をしていくと安心だろう。



次回は注文の仕方を説明する。



 

このページのトップヘ

見出し画像
×